試走させてもらって状態を確認しよう

リサイクルショップで中古の自転車を購入する場合、どういったことに注意すればいいのでしょうか。まず、可能であれば試し乗りさせてもらい、自転車の状態を確認しましょう。漕いでいる最中、変な音が聞こえてくるということだと、どこかに亀裂が入っていたりということも考えられます。そういった自転車に乗っていると、いきなりフレームが折れたりしてしまうこともあるので危険です。そのほかには、チェーンの状態も確認するといいでしょう。

一般的な自転車店で購入するのであれば、中古であっても整備しているので客がわざわざ状態を確認する必要はないのですが、リサイクルショップの場合、整備できる人がいないため、現状のまま売っている可能性が高いです。そのため、チェックが必要なのです。

防犯登録はしておいた方が便利

防犯登録が可能か店員に確認することも大事です。自転車の防犯登録は、専用の番号を取得し、管轄内の警察署に登録するというシステムになっていて、義務ではありませんがしておいた方がなにかと便利です。もし、リサイクルショップで登録できる場合、登録料を払って番号が印刷されたシールを車体に貼ってもらいましょう。もし、登録できない場合は自転車店を探して、そこで登録してもらうことになります。

注意しなければならないのは、前の持ち主が貼った防犯登録シールをそのまま残した状態で購入し、利用することです。その場合、警察に職務質問をされ、番号を確認されると登録者と利用者の名前が一致しないことになり、盗難の疑いをかけられてしまいます。

名古屋の自転車のショップでは、競技用自転車やパーツ類など、プロ向けの商品が充実しており、本格的に自転車を楽しみたい人でも満足できます。